2012年07月14日

アッラーに委ねる気持ちを育てる方法

先日のマスジドでの講義をもとに、ドゥアー・カードを作りました。
dua.PNG
朝・夕に7回ずつ唱えるドゥアーです。
ここからダウンロードできます→ドゥアー 読みつき.pdf

下は、講義をまとめたものです。

بسم الله الرحمن الرحيم

私たちに起こる悪いこと(病気や災難など)も、アッラーがそれを決定したからこそ、起こります。
私たちの知識はとっても限られたものですが、全知なる御方であるアッラーは、私たちにとって、何が良いことで、何が悪いことか、すべてご存知です。
私たちに降りかかる一見悪く見えることも、実はアッラーからのご慈悲であり、私たちにとって良いことなのです。
たとえば、私たちは災難によって、さらに導かれたり、良いものを得たりしますが、私たちの知識ではそれはわかりません。

また、何か起きたときに、頼れる御方はアッラー以外にはいません。
なぜなら、アッラーのみが、すべてを創造され、秩序を保たれる御方だからです。
ですから、何か問題が起きたとき、自分でできることはして、あとはアッラーに委ねるという気持ちが大切です。
この「アッラーに委ねる」という気持ち(タワックル)は、日頃から訓練して身に着けておくと、大きな問題にぶち当たったときにも役立ちます。

☆アッラーに委ねる気持ちを育てる方法☆

1.何か問題があった場合、まず「私はアッラーに委ねました。(タワッカルトゥアラッラー)」と言う。

2.外に出かけるときのドゥアーを毎回言う。

بِسْمِ اللَّهِ تَوَكَّلْتُ عَلَى اللَّهِ وَلَا حَوْلَ وَلَا قُوَّةَ إِلَّا بِاللَّهِ

(ビスミッラーヒ タワッカルトゥ アラッラー ワラー ハウラ ワラー クウワタ イッラー ビッラー)

このドゥアーを言うとき、天使が「あなたは正しく導かれました。そして、心配することもなく、ご加護を受けました。」と言い、シャイターンは彼から遠ざかる。

3.朝と夕に7回ずつ、次のドゥアーを言う。

حَسْبِيَ اللهُ لَآ إِلَهَ إِلَّا هُوَ عَلَيْهِ تَوَكَّلْتُ وَهُوَ رَبُّ الْعَرْشِ الْعَظِيمِ

(ハスビヤッラーフ ラーイラーハ イッラー フワ アライヒ タワッカルトゥ ワ フワ ラッブル アルシルアズィーム)
posted by Ummee at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック