2012年03月26日

イチゴ狩りへ行ってきました!

先々週の日曜日は、いつもの勉強会をお休みして、皆でイチゴ狩りに行きました!
天気は曇りで、時に小雨がちらつくこともあり、あいにくの天気だったのですが、それでも、子供たちは元気いっぱい!
とても楽しい一日となりました。
ただイチゴ狩りに行くだけではもったいないので、イチゴ狩りをしながら、アッラーの創造の素晴らしさにも目を向けてもらおうと、こちらのようなしおりを作成していきました。
011.JPG
3歳以上の子供たちにあげようと、16冊用意したのですが、ちょうどぴったり足りました、アルハムドゥリッラー!
冊子の中身はこんな感じです↓

イチゴ狩りでのマナーや、イチゴ豆知識の情報も載せました。

こちらからダウンロードできます(PDFファイル)→イチゴ狩り.pdf
印刷するときは、A4の紙に2ページくるように設定して印刷すると、袋とじにして冊子を作ることができます。
ワード・ファイルはこちらです→イチゴ狩り.docx
ただ、ワードのバージョンによって文字化けが起こる可能性があるので、PDF版をおすすめします。

当日の記録なども書き込めるようにしたので、冊子と一緒に一人一本ずつ、ペンも渡しました。
マーシャーアッラー、みんな、イチゴ狩りでイチゴを堪能した後は、しっかり観察記録を書いていました。

私自身、イチゴ狩りは初めての体験で、正直、こんな楽しめるとは思ってもみませんでした。
これなら、毎年でも参加したいです。
これが、ハウスの中の様子です。
049.JPG
こんな感じの列が何列もあり、時間無制限で食べ放題。
いつも6人家族で1パックを分けたりしているので、こんなに贅沢にイチゴを食べたのは初めてかもしれません。
4歳の長男はもちろん、2歳の次男も上手に取って食べていました。
アルハムドゥリッラー、とっても甘くておいしいイチゴでした♡
078.JPG
イチゴ畑にヒジャーブの色がよく映えます。
073.JPG
係りの人が、めしべが黒くなっているのが受粉完了のしるしで、これがこれからイチゴになっていくんだよ、ということを丁寧に教えてくださいました。
074.JPG
スブハーナッラー、アッラーの創造は素晴らしいですね。

イチゴ狩りの後は、海に行きました。
094.JPG
元気に走りまわる子供たち。
096.JPG
天気なんてものともせず!
ここに小さな水族館があったので、そちらに行ってきました。
こちらも子供たちは大喜び!
小さな水族館でしたが、バラエティに富んだ魚が観られ、アシカショーなどもあり、とても楽しめました。
097.JPG
入り口を入ってすぐに、クラゲたちがお出迎え。
113.JPG
魚の顔って、ほんと面白いですよね。
124.JPG
ウミガメ。
128.JPG
大きなカニさん。
105.JPG
おさかなマンション。狭い「すきま」が落ち着くらしいです(笑)
ほかにもいろんな魚がいました。
もともとは水族館へ行く予定はなかったので、子供たちには思わぬプレゼントになりました。
アッラーからのプレゼントでしょうかね。アルハムドゥリッラー。

お弁当は、海の見える屋根付きの展望台で食べました。
今回、お弁当は、初めてデコ弁なるものを作ってみました。
なかなかお弁当を作る機会はないので、こんなときぐらい、思い出に残るものを作ってあげたいという気持ちからでした。

これが、車大好きな長男、次男のお弁当。
031.JPG
テーマは「春のイチゴ狩りドライブ」です。

こちらは、長女、次女のお弁当。
034.JPG
テーマは「春のイチゴ狩りピクニック」。
フィッシュソーセージ、チーズ、卵などを使って、イチゴや、イチゴの花をデザインしました。

そして、これが、皆でシェアする分。
036.JPG
アンパンマンのスイートポテトは、生協で注文したものです。
はちみつが入っていて、とってもおいしいです。
ちくわのシソとチーズ巻きも子供に人気なので、我が家の定番です。
あとは、エビバーグも好評でした。

頑張って作っても、食べたらあっという間(笑)
正直、毎日は無理だな、と思いました。
毎日、凝ったお弁当を作るお母さん方、ご苦労さまです!
でも、お弁当をデコるの、結構楽しかったので、また機会があれば挑戦したいと思います。

イチゴ狩りと水族館、海、を堪能した子供たち。
きっと思い出に残る一日となったと思います。
今度は動物とふれあう場所に行きたい!という意見がありました。
インシャーアッラー、また皆で行けたらいいな、と思います。
posted by Ummee at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マスジド子供勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック