2011年09月27日

こちらでの日々

ラマダーン後半から主人の国に来ています。
毎日がとってもゆっくり流れていきます。
日本での忙しさが嘘のようです。
時間に余裕がある分、日本では忙しすぎて気づかずにいたことや、見えずにいたことが見えてきました。

005.JPG024.JPG017.JPG

日本にいると、まるで新幹線か特急列車にでも乗ったように、毎日があわただしく過ぎていきますが、こちらでは、各駅停車か、蒸気機関車にでも乗っているような気分です。
以前、住んでいた時とは違い、ネットも自由にできるようになり、近くにスーパーもできて、こちらでもより快適に住めるようになりました。
ただ、こちらでは、毎日、普通の生活が過ぎていくというか、ただぼーっとして日々が過ぎていくようで怖いです。

以前、子供のイスラーム教育にはこちらで住むのが一番だと考えていました。
でも、今は、国はあまり関係ない、大事なのはその家庭の環境なんだな、と思えるようになりました。
こちらに住んでいたころ、「いつか日本に帰って、自分のできることで、日本のイスラーム社会に貢献したい。」とドゥアーしていました。
日本では、マスジドのクラス準備に、プレイグループの教材作り、子供たちの教育、クルアーン学習、プロジェクト作業など、毎日がほんと慌ただしく過ぎていき、頭がいっぱいになるぐらいなのですが、でも、その分、自分が自分のできることで、アッラーの為に貢献できている、という充実した気持ちがあります。
自分が少しでも役に立てている、という気持ちです。
こちらでは、自分は役にやっているどころか、ちょっとお荷物状態といった感じですかね^^;
買い物さえ自分ではできないから、主人に頼まないといけないし。

でも、こちらでしか経験できないこと、学べないことがたくさんあることも事実です。
大家族の中での生活、自然や動物に囲まれる経験などは、こちらでしかできないですね。
あとは、家族の結びつきが強いこと、年長者への尊敬の気持ちが根付いていることなど、日本ではすでに忘れ去られてきてしまったことが、ここには残っています。
子供たちには、ここでしか吸収できないことをたくさん吸収していってほしいなと思います、インシャーアッラー。


posted by Ummee at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。