2011年02月26日

今住んでいる場所に引っ越してきてから、もうすぐ1年になります。
その前に住んでいた場所は、自然の多い山の方でした。
そこに住んでいたときに、子供たちと牛乳パックでバードフィーダーを作って設置しておいたんです。
でも、待てどくらせど、鳥は来ない。えさもそのまま。
子供たちも少々、がっかり気味でした。

しかし、今、住んでいるところでは(住宅地で、家が周りにたくさんある)、鳥がいっぱいいます!
朝になるとチュンチュン、チュンチュン、大合唱です。
いつからか、子供たちは、朝、鳥たちのためにベランダにお米を置くようになりました。
すると、いつの間にやら、すっかりなくなっています。
運がいいと、鳥たちが食べてるところを見ることができます。
時には、6、7匹ぐらいが一気にやってきて食べていることがあります。

また、植物の水やりは、いつも次女がやってくれているのですが、水をあげたあと、小さなお皿に水も入れておくんだそうです。
すると、こちらも、いつの間にかすっからかんに。
バードフィーダーを作らなくても、普通に置いておくだけでも、食べにきてくれるんですね。
自然の多い場所では、逆にえさは豊富にあるので、なかなか食べにきてくれなかったのかもしれません。

それにしても、このあたりは、あちこちでいろいろな鳥を見ます。
ちょうど、うちの部屋の前に、いちじくの木が植えてあるのですが、いちじくの実が熟していたころは、毎日、すごい勢いで鳥たちが食べにきていました。
一度、図鑑を借りてきて、鳥の種類を調べてみるのも、面白いな、と思いました。
posted by Ummee at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック