2011年01月23日

大家族ホームスクーラー第2弾

以前にも、18人(現在19人)の子供をホームスクール中の家族を紹介しましたが、ほかにも同じような大家族ホームスクーラーがあるようです。
スブハーナッラー、こちらも子供は18人。
クリスチャンの家族で、「子供の数は神様にお任せする」スタンスだそうです。
現在、男の子8人、女の子10人、あと男の子2人を産んで、男10人、女10人にしたいとか。

下の動画で、彼らの生活の様子を垣間見ることができます。
両親いわく、「子供の数が増えても、一人ひとりと接する時間があるし、夫婦での時間もある」とのこと。

マーシャーアッラー、上の子が下の子を助け、それそれがきちんと自分の役割を果たしています。
さすがに大人数だけあって、移動はバス!
規模が違いますね、スブハーナッラー!

posted by Ummee at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マーシャーアッラー、18人!
やっぱり洗濯ものとか大変そう。
昔日本の家族で10人近い子どものいる家族の子育てを紹介していたのですが、よく特番でやるような感じではなく、普通のご両親。
お母さんは仕事をしていて、子どもたちは自然に家のこと、下の子の世話をしていて、一番上の子は現役で有名大学に合格。
印象的だったのはお母さんが一人一人に深く立ち入らない、と言っていたこと。
それって今の子育て風潮とは逆のような気がするけど、自立性とか兄弟の関係の中で培うものを邪魔しないために大切なことである気がします。
放りっぱなしとはまた違って、子どもを信頼している感じでした。
たくさんのお子さんを子育てしているお母さんたち、本当に尊敬です。
Posted by sumeyye at 2011年01月25日 09:17
洗濯物の量、半端じゃなかったですね。
何でもビッグサイズのアメリカだからこそ、かもしれませんね。
これを日本の狭い住宅でやろうものなら、すさまじいことになりそうですね・・・。

お母さんが一人一人に深く立ち入らない、ですか。
それだけ多くいると、親子の関わり以上に、兄弟同士のいろいろな関わり合いがありそうですよね。
きっと、そんな中で学ぶことも多いんだろうな〜と思います。

私も、子沢山のお母さん、尊敬です。
Posted by ummee at 2011年01月25日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック