2010年07月21日

ラマダーンを楽しむ為の下準備

ビスミッラー。

今年のラマダーンは夏休みも重なる為、お子様をお持ちの方は、家族ぐるみでラマダーンを盛り上げて、思い出深いラマダーンにできると良いですね。私の尊敬するシスターがラマダーン準備に関する素敵な資料を作成してくださいました。ここでの紹介に同意していただけましたので、ご紹介します。


----------------------------------------------------------------------------

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において
                                
ラマダーンを楽しむための下準備


                                            
2010年7月14日


今日からヒジュラ暦のシャアバーン月に入りました。アルハムドゥリッラー、ちょうど一ヵ月後には、インシャアッラー、ラマダーン月突入です。ラマダーン月のことを、あるシェイフ(先生)は、「天国のバーゲンセール月」と呼んでいました。それほど、ラマダーン中には、何でもすることなすことに、びっくりするくらいたくさんポイントをつけてもらえるので、バーゲン状態で、ちょっとしたことにも、高ポイントがたくさん付くのです。まず毎日の義務の行いが、70倍に換算されるので、一日義務の礼拝を5回しただけでも、2ヵ月半近く毎日5回義務の礼拝を欠かさずしたのと同じポイントが、たった一日でつきます!これは、ものすごくお得なチャンスです。普段は礼拝を時間通りに出来ない人も、ラマダーン中だけは、本当に、礼拝しないと損!です。

ラマダーン月は、始まってしまうと、終わってしまうのがものすごく早くて、アッ!という間に、何もしない内に終わってしまいます。終わってしまってから、あれ、今年のラマダーンももう終わりかぁ、と残り数日になってから、あれもしたかった、これもしたかった、と悔やんでも、次のチャンスは、また一年後にしか回ってきません。バーゲンが終わってしまって、せっかく破格の値札がついたバーゲン会場に行ったのに、うろうろしているうちに終わってしまって何も買えなかった人みたいに、がっかりして終わってしまわないように、ちゃんとしっかり下準備をしておきましょう。バーゲンに行く前に、あらかじめそのお店に行って、値段が下がったら、あれとこれを買おう!と目をつけておけば、バーゲンの日に、人混みでごった返すお店に行っても、あれだけは買わねば!と、ちゃんと目標があるので、失敗しません。それと同じように、天国のバーゲンセール月に入る前に、下準備をして、天国のバーゲンセールには、これとあれを絶対ゲットしよう!と目ぼしい物に今から目をつけて狙いを定めておけば、いざ、バーゲン月に突入しても、迷わず目標に向って一心に一ヶ月間を過ごせます、インシャアッラー。

ですから、ちょうど一ヶ月前の今から、下準備をして、これだけはしよう!という、ラマダーンの目標を、みんなで立てておきましょう。
ちょうど始まる一ヶ月前の今から、ラマダーンがもう直ぐ来る!というわくわく感を持ち始めて、今年のラマダーン月を2倍楽しみましょう。お正月を楽しみに待つ子供が、♪もういくつ寝ると、お正月〜という歌で、楽しみに待つ気持ちを、今から天国のバーゲンセール月に思いを馳せて、みんなでわくわくした気持ちでラマダーンを迎えましょう。

では、ここで問題となるのは、何を今年の天国のバーゲンセールの一ヶ月間の目標にするか?です。
《 ラマダーン月に奨励される崇拝行為 》をご紹介しながら、下準備の方法を見ていきましょう。

@ できるだけ5回の礼拝を合同礼拝でする。家族で一緒になど、モスクに限らず、誰かと一緒にする。
下準備→ これは、今から、ご主人とお子さんにお願いしておくといいですね。このバーゲンセールには、自分だけが行くのではなくて、ご家族みんなで行ったらみんなでもっと得をするので、バーゲンセールの下調べは、一人でするのではなくて、ご家族でぜひ一緒にしてください。ご主人がお仕事で忙しくても、例えば、朝のファジュルの礼拝と、夜のイシャーの礼拝の2つは、最低一緒にできますよね。(ご主人が毎回モスクの合同礼拝に参加される方だったら、出かける前に、奥さんと子供たちと一緒に、ご主人は、カダーの礼拝のニヤで、奥さんたちは義務の礼拝のニヤで、一緒に合同で礼拝して、モスクでご主人は、義務の礼拝を合同ですることができます。)普段でも合同でする礼拝は、1人でする礼拝の27倍の報酬があるので、バーゲン月にすると、ものすごいことになります。このチャンスを逃さないために、ご主人とお子さんと今から下準備をして、この一ヶ月間イシャーの礼拝だけは一緒にするように練習してみる、とか、お休みの日は、5回すべて一緒にするように、準備してみる、とか、家族で自分たちができる範囲のことを一緒に考えて下準備していきましょう。本番のバーゲン月に、簡単にできるように、今から打ち合わせを念入りにしておくことが大切です。ご家族がムスリムでない方は、なるべくムスリマの友達と一緒にできるように、作戦を練る!モスクに行ける日は何日あるか?数えておく、など、下準備をして、そのチャンスは、絶対に逃さないように、今から計画を立てましょう。

A毎日サダカをする。毎日小額でもいいので、サダカをする習慣をつけるために、毎日300円とかサダカをする、という風にして、毎日小額でもいいからサダカをすると、一ヶ月終わったら、まとまった金額のサダカになっている。
下準備→ 日本では、モスクが遠くて毎日行くのが大変なので例えば、家の中に、サダカボックスを設けて、ラマダーン中に家族でサダカし合う。今からお子さんと一緒に、遊び感覚でサダカボックスを工作して作って、ラマダーン中は、10円でも毎日しようね、と今からわくわくする作戦を立てる。ラマダーン最後の頃に、そのサダカボックスを解体して、ご家族揃って、もしくは、子供と一緒に中身を、貧しい人にそのままあげに行くか、子供と一緒にプレゼントを買って渡しに行く。例えば、子供と一緒に孤児院や老人ホームを訪問して、その人たちに中身を渡しに行ってもいいし、疎遠になっているあまり裕福でない親戚の人の家に、サダカボックスで貯まったお金で、贈り物を買って一緒に届けに行く、または、送るのもいい。サダカなので、ムスリムで貧しい人がいれば、その人にあげた方がいいけれど、必ずムスリムにあげなくてはいけないということはない。ザカート(義務の喜捨)は、ムスリムでないと無効。これも今からサダカボックスを作って、貯まったら、ラマダーン最後の日に、どこにあげに行くか?を、家族で話し合って、わくわく感を盛り上げる。

B親兄弟、親戚関係のつながりを強くする。普段会わない人だったら、手紙を書いたり、電話をして、近況を聞いたりして、連絡を取り合う。
下準備→ 親戚の名前を、ご家族で一緒に、書き出して表にする。ここ数ヶ月間連絡を取り合っていない名前に丸をつけて、一日に一人とか決めて、電話や、ムスリムだったらラマダーンカードを送る準備をする。ムスリムだったら、イード前にイードカードを送るといいので、その準備を今からする。ラマダーン中に、訪問に行く親戚を決めておく。子供と一緒に、イードカードを手作りで作らせて、ムスリムの友達に送るように、準備する。

C毎日決まったドゥアーをする。毎日続けることが大事。
下準備→ 子供と一緒にご家族で「ムスリムの砦(フスヌルムスリム)」などのドゥアー集を今からチェックして、ドゥアーが叶うチャンスが満載のラマダーン中に、叶えて欲しいことが含まれているドゥアーを書き出して、ポスターかカードのようにして、工作して作っておく。カードにしておくと、毎日礼拝後やイフタールのときに、気軽に見れて、言うのを忘れない。毎日言っていると、暗記できるので、いくつかラマダーン中に毎日言って、暗記してみたいドゥアーを書き出して、準備しておく。

D善行をする。何かを学ぶこと、学んだことを教えること。普段の70倍の報酬がある。
下準備→  ラマダーン中は、ご家族で、毎日5分でも、難しければ、週に何日かお休みの日だけでも、お互いにイスラームに関することを教えあう時間を持つ。例えば、今度のお休みの日には、お父さんが、預言者さま(彼に平安と祝福がありますように)のハディースを、ひとつ、家族に説明する、とか、本やインターネットからでも、テキストをちょっと書き出して、5分でもいいから、家族で集まって、それを一緒に学ぶ時間を持つ。子供が、イクラをお母さんに教える、とか、一日5分でもいい。この習慣がつくと、ご家族が変わる。教える教わるという善行以外にも、ラマダーン中に、ぜひしてみたい善行を、ご家族で考えて、今から準備する。ラマダーン中は、忙しくて、こういう時間は持てないので、今から一緒に集まって、ラマダーン中にしたい善行を、ご家族で出し合って、書き出して、その実行に向けて今から何をすればいいか、話し合っておくと、ラマダーン中にスムーズに行く、インシャアッラー。ラマダーンのイフタールの準備をする計画を立てる。例えば、困ったときに助かるおかず、コロッケとか、作って冷凍できるものは、今からたくさん作って冷凍しておく。友達をイフタールパーティーに呼ぶ日を今から計画して、その準備をしておく。ラマダーンに入ってからは、何かと忙しくて何もできない、今出来ることは全部今しておくと、ラマダーン中は、ポイントゲットに専念できる。

Eクルアーンを完読する。覚えたスーラを、礼拝で読むようにする。クルアーンがまだ読めない方は、日本語訳のものを読んで、読んだところを実行する。
下準備 → 女性は、毎日ジュズ(20ページ)読むだけでは、生理の期間読めないので、完読が終わらない。自分の普段の生理の期間が何日間か、それがラマダーン月にどのくらいかかるのか計算して、今から、ラマダーン中に、一日何ページ読めば完読できるか計算して出しておく。また、ご家族で、それぞれ、子供も含めて、一文字読むと、10の善行が付くクルアーンのポイントをなるべくたくさんバーゲンセール中にゲットできるように、毎日どのくらいだったら読めるか?目標を立てる。家族で目標を立てることで、みんなが証人になって、「お母さん今日読む分もう終わった?」とか、お互いにチェックして、励ましあえる。まだアラビア語が早く読めなければ、一日半ページとかでもいい。目標を立てて、ラマダーン一ヶ月中に、ここまでは読む!という目標を、家族でそれぞれ、今から決める。家族の全員が、一応クルアーンを読めるけど、一人で完読するのは無理、という場合は、家族みんなで完読できるように、一人ひとりの担当パートを決める。例えば、お母さんは、1〜200ページ。お父さんは、早く読めるから、P201〜550、子供達は、P551から最後まで、とか。みんなで励ましあって、「ラマダーン月、家族クルアーン完読」を目指す。ラマダーンが終わっても、常に、こういう感じで、何ヶ月間かに一度は、家族でクルアーンを完読できるよう、習慣になるようにするとよりいい。アラビア語が読めなければ、イクラを、一日何ページ進めて、ラマダーン終了後には、どこまで進んでいるようにする、とか目標を設定する。イクラもまだ読めなければ、アラビア文字28文字をラマダーン中に、一日一個づつ覚える。日本語の訳を一日何ページ、もしくは、何行絶対に読む、そして、それを実行する、という目標を立てる。必ず、みんなの目標を紙に書いて、ラマダーン中は壁に貼っておく!目標達成できたら、何をプレゼントするか、とか決めておくと、子供たちはやる気が出て楽しい。

★ お子さんと一緒に楽しむラマダーン目標を立てよう!

@ ラマダーンは特別な月だということを知らせるために、子供の部屋に、ラマダーン月に入ったら飾りをつけて、ラマダーンのわくわく感を実感、毎日がパーティーみたいに楽しくさせる。ラマダーンに入る前に、家族で集まって、子供にプレゼントをして、ラマダーン突入おめでとうプレゼントをあげる。
A 子供の好きな食べ物を、ラマダーン月の毎日の献立にするため、今から子供に聞いて、一緒に献立を立てて、ラマダーンを楽しみにさせる。
B スフールに子供を起こすため、花火をする、子供の好きなビデオをつける、いいにおいのする子供の大好きな料理を作る。
C 子供は断食しなくても、親と一緒にスフールを食べたら、ほめる!
D 子供は、少しづつ断食できるように、練習をして整えていく。例えば、最初は、スフールだけ最初一緒に取って、ファジュルの礼拝を一緒にする練習。これができたら、→ 断食を10時まで。これができたら、→断食ズフルまで、給食の時間までお水飲まない。これができたら、→2時まで→4時まで→マグレブまで、とか様子を見て、数日に少しづつ、進んでいく。子供がやりたい分やらせるようにする。絶対に無理強いしない。
E 水遊びとかウドゥーをすると、喉が渇いているのを忘れる。
F お子さんのお友達(ムスリムでもノンムスリムでも。)を招いて、イフタールパーティーをする計画を立てる。2週間に一回とか、誰を呼ぶか?何を作るか?今からお子さんと一緒に考えて、わくわく感を持たせて盛り上げる。

ラマダーン月は、天国のバーゲンセール、とにかく、何でも義務の行いをすると、70倍ですから、普段はちょっと面倒でできないなぁ、ということも、この月にはやっておくと、70倍の報酬です。ザカートで払い忘れているものなんかあるか今からチェックして、もしあったら、ラマダーン月に払えば、70倍の報奨が付くので、ものすごいチャンスです。

★ ラマダーンの光を受け止めるための心の準備

今月シャアバーン月は、いつもよりたくさん預言者さま(彼に平安と祝福がありますように)に祝福を送って、アッラーの祝福が降り注ぐラマダーンに、それを受け止められるよう心の準備もしておきましょう。
@ イスティグファール(「アスタグフィルッラーアッラーにお許しを請います。」)を、何の罪もない預言者さま(彼に平安と祝福がありますように)さえ、一日に100回されていた、最低100回を毎日言う。
A 預言者さま(彼に平安と祝福がありますように)に、祝福を送るのも、今月は10回以上は最低しましょう。どういう言い方でもいいですが、参考までに、ハディースにある形式:「アッラーフンマ サッリ アラー ムハンマディン ワ アラー アーリ ムハンマド」(アッラーよ、どうかムハンマドとそのご家族を、祝福してください)

ラマダーン月は、アッラーのことだけ考えられるように、今から一ヶ月間かけて、心と状況の両方を整えて、下準備をしておきましょう。インシャアッラー、今年のラマダーンは、いつものラマダーンとは一味違った思いで深い、忘れられないラマダーンになりますように。
posted by Ummee at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラマダーン準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック