2009年12月12日

99クラブ

昔、あるところに、その豪華な生活とは裏腹に、不幸で心が満たされずにいる王様がいました。

ある日、王様は仕事をしながら幸せそうに歌っている使用人に出会いました。王様はその様子に心奪われました。なぜ、国で一番えらい支配者である自分が不幸で気分もふさぎがちであるのに、この身分の低い使用人がそんなに幸福であるのか、と。

王様は使用人に聞きました。「なぜ、そんなに幸せなのだ?」男は答えました。「陛下、私はただの使用人に過ぎませんが、私も私の家族も多くを必要としません。ただ頭の上に屋根とおなかを満たす暖かい食べ物さえあれば十分なのです。」

王様はその答えには満足できませんでした。その日、王様は、一番信頼を置いている相談役にアドバイスを求めました。王様の苦悩と使用人の話を聞くと、相談役は言いました。「陛下、その使用人はまだ99クラブに入ってないのだと思います。」「99クラブ?一体何なんだそれは?」王様は聞きました。相談役は言いました。「陛下、99クラブの正体を知るためには、99の金貨を袋に詰め、この使用人の戸口の下に置いてください。」

そこで王様は言われたとおりにしました。使用人は袋を見つけると、家の中に持って行きました。使用人は袋を開けると、喜びのあまり大きな声をあげました・・・こんなにもたくさんの金貨が!使用人は金貨を数え始め、何度か数えたのち、ついに99枚の金貨があると確信しました。使用人は不思議に思いました。「最後の金貨は一体どうなったのだ?99枚の金貨を残す人なんてあるものか!」使用人はあちこちを探しましたが、その最後の金貨は見つかりませんでした。

ついに、使用人は疲れ果て、今までもよりももっと仕事をがんばってその金貨を稼ぎ出し、自分のコレクションを完成させなければ、と考えました。その日から、使用人の生活は変わりました。いつも不機嫌で、100番目の金貨のために手助けしない自分の家族をけなしました。仕事中に歌うこともやめました。

この劇的な変貌を見て、王様は困惑しました。王様が相談役に助けを求めると、相談役は言いました。「陛下、その使用人は今、公式に99クラブに入会したのですよ。」

彼は続けました。「99クラブとは、物質的に十分満たされて幸せなはずなのに、永遠に満足しない人たちに与えられた名前です。彼らはいつもその余分のひとつを熱望し、我先にと争うのです。『あの最後のひとつを手に入れて幸せにならなければ。』と。私達はほんとうにわずかな物だけでも幸せに生活できます。しかし、私達は今までよりも更に大きくて良い物が与えられたとたん、もっとほしくなってしまうのです!私達は増え続ける自分の欲望の代償として、睡眠を削り、幸福を失い、周りの人々を傷つけます。それが99クラブに入る、ということなのです。」

---------------------------------------------------------------


Once upon a time, there lived a King who, despite his luxurious lifestyle,
was neither happy nor content.


One day, the King came upon a servant who was singing happily while he
worked.

This fascinated the King; why was he, the Supreme Ruler of the Land,
unhappy
and gloomy, while a lowly servant had so much joy.
The King asked the servant, ' Why are you so happy?'
The man replied, ' Your Majesty, I am nothing but a servant, but my family
and I don't need too much - just a roof over our heads and warm food to
fill
our tummies.'


The king was not satisfied with that reply. Later in the day, he sought the
advice of his most trusted advisor.

After hearing the King's woes and the servant's story, the advisor said, '

Your Majesty, I believe that the servant has not been made part of The 99
Club.'
'The 99 Club? And what exactly is that?' the King inquired.


The advisor replied, ' Your Majesty, to truly know what The 99 Club is,

place 99 Gold coins in a bag and leave it at this servant's doorstep.'
So the king did like wise. When the servant saw the bag, he took it into
his
house.

When he opened the bag, he let out a great shout of joy... So many gold
coins.


He began to count them. After several counts, he was at last convinced that
there were 99 coins. He wondered,

'What could've happened to that last gold coin? Surely, no one would leave
99 coins!'
He looked everywhere he could, but that final coin was elusive.

Finally, exhausted, he decided that he was going to have to work harder
than
ever to earn that gold coin and complete his collection.


From that day, the servant's life was changed.

He was overworked, horribly grumpy, and castigated his family for not
helping him make that 100th gold coin.

He stopped singing while he worked.


Witnessing this drastic transformation, the King was puzzled.

When he sought his advisor's help, the advisor said,

'Your Majesty, the servant has now officially joined The 99 Club.'


He continued,

' The 99 Club is a name given to those people who have enough to be happy
but are never contented,

because they're always yearning and striving for that extra 1 telling to
themselves:

'Let me get that one final thing and then I will be happy for life.'


We can be happy, even with very little in our lives,

but the minute we're given something bigger and better, we want even more!

We lose our sleep, our happiness, we hurt the people around us;

all these as a price for our growing needs and desires.

That's what joining The 99 Club is all about. -anon
posted by Ummee at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック