2009年12月10日

Little Angel(小さな天使)

泣けます。一人の男の子の純粋な心と笑顔が、まさにこの世と決別する寸前だった一人の年老いた女性を救いました。一読の価値ありです。

※この記事に訳をつけたくて和訳している途中で、あるシスターがすでに訳していたものがあることを知りました。ご本人の了承を得ましたので、そちらを転載させていただきます。訳したシスターにアッラーからの報奨がたくさんありますように!

--------------------------------------------------------------

毎週金曜日、集団礼拝が終わると、イマームと11歳の息子は町へくり出し、「天国への道」という本をはじめ、さまざまなイスラーム冊子を人々に配って歩いたものでした。

この特別な祝福に満ちた金曜日の午後、いつものように町へ出かける時間になりましたが、外はとても寒くて、雨が降っていました。

少年は一番暖かくてよく乾いている服を着込むと、
「父さん、準備できたよ!」と言いました。

父親は
「なんの準備ができたんだい?」とたずねました。

「父さん、時間だよ。一緒に冊子を準備して出かけなきゃ。」

父親はこたえて言いました。
「息子よ、外は寒くて雨が降っているんだよ。」

少年は驚いて父親を見ると、
「でも、父さん、人々はそれでも地獄へ行ってしまうんだよ、雨が降っていたって。」

父親はこたえました。
「息子よ、わたしはこの天気では外へは行かない。」

少年はがっかりしたものの、たずねました。
「父さん、じゃあ、僕だけでも行っていい?お願い。」

父親は少し迷ってから、言いました。
「息子よ、行ってもよいが、気をつけるのだぞ。さあ、冊子だ。」

「ありがとう!父さん。」
そう言うやいなや、息子は雨の中へ飛び出してゆきました。

11歳の少年は、町の通りを戸から戸へと歩き、出会った人々すべてに冊子を手渡しました。

雨の中、2時間も歩くと、少年はびしょぬれになり、骨のしんまで凍えてしまいましたが、ようやく最後の1冊を手渡すのみとなりました。少年は通りの角で立ち止まり、誰か渡せる人がいないかと見渡しましたが、人影はすっかり途絶えていました。

それで、少年はきびすを返し、ふと最初に目にとまった家へ歩いていきました。玄関で呼び鈴を鳴らしてみましたが、応答がありません。何度か鳴らして、しばらく待ってみたのですが、それでも誰でも出てきません。ついに、11歳のダアワ(招き)師はその場を立ち去ろうとしました。・・・が、なにかが気にかかります。

それで、ふたたび呼び鈴を鳴らし、今度は、こぶしでドンドンと扉をたたき始めました。少年は家人の応答を待ち続けました。何かが彼の心をつかんで離さず、玄関先に引きとめてやまなかったからです。

ふたたび呼び鈴を鳴らすと、ようやく扉がゆっくりと開きました。戸のうしろに立っているのは、とても悲しそうな顔をした年老いた女性です。女性はそっとたずねました。
「坊や、ご用はなあに・・・?」

キラキラしたひとみと笑顔で彼女の世界を照らしながら、小さな少年は言いました。
「おじゃましてすみません。・・・でも、ただ僕はお伝えしたかったんです。アッラーは本当に、あなたのことを愛しておられ、とても大切に思っておられます。僕の持っている最後の本をお渡ししたいと思っておじゃましました。その中に神さまについて、すべてのことが書かれています。この世が創られた本当の意味、そしてどうすれば神さまに喜んでいただけるか。」

そう言うと、少年は年老いた女性に最後の冊子を手渡して、女性の家をあとにしました。女性は、少年が立ち去るとき、こう呼びかけました。
「ありがとう、坊や。神さまの祝福がありますように!」

次の金曜日、集団礼拝のあと、イマームは講義をしていました。この週は、1週間の短期講座が組まれていたからです。講義のしめくくりに、イマームはたずねました。
「どなたか、質問やご意見のある方はおられますか?」

ゆっくり、女性の後ろの列の中から、スピーカーを通して年老いた声が聞こえてきました。姿は見えなくとも、その声から、嬉々とした満ち足りた様子が伝わってきました。

「ここに集っておられる皆さんの中に、私のことを知っている方は誰もおられません。今日、初めて来たからです。先週の金曜日、私はムスリムではありませんでした。いえ、ムスリムであればどんなによかったでしょう・・・。主人をずっと前に亡くして、私はこの世にたった一人取り残されていました。

先週の金曜日、あのとりわけ寒くて雨が降っていた日、私は孤独で胸がはりさけ、いても立ってもいられず、この世に生きる望みを完全に失っていました。

私は、ひもといすを手に取り、階段をあがって、いえの屋根うら部屋へ行きました。屋根のはりにひもをしっかり縛りつけ、いすに立って、ひもの反対のはじを自分の首に巻きつけました。
とても孤独で、悲しみに打ちひしがれて・・・、いすから飛び降りようとしたそのとき、突然、下のほうで呼び鈴が大きく鳴ってギョッとしました。

それで、すこし待とうと思いました。誰だろうとそのうち行ってしまうだろうと思ったからです。ところが、待てども待てども、呼び鈴はますます大きくなるばかり。ひっきりなしに鳴り続け、ついには、戸もドンドンと叩き始めるではないですか。

私はふたたびひそかに思いました。いったい誰だというのだろう。今までだれも会いに来たことなどないというのに・・・。私は首のひもをほどいて、おもての戸へ向かいました。その間も、呼び鈴は大きくなっていくばかりでした。

戸を開けたとき、私は自分の目が信じられませんでした。そこには、今まで見たこともないような、キラキラ輝くひとみの、天使のような少年が立っていたからです。彼の笑顔といったら・・・、まぁ・・・、言葉ではとてもうまく表現できません。

少年の口から出た言葉は、ずっと死んでいた私の心に生気をよみがえらせてくれました。彼は天使のような声でこう叫んだのです。
『アッラーは本当に、あなたのことを愛しておられ、とても大切に思っておられますよ!』
そして、今私が手に持っているこの「天国への道」という本をくれたのです。

小さな天使が冷たい雨の中へ消え去ったあと、私は戸を閉め、この本の一言一句をゆっくり読み始めました。そして、私は屋根うら部屋へ、ひもといすを取りに行きました。もうそんなものは必要なくなったからです。私は、神さまが唯一のお方であると、心から喜んで証言いたします。

この本のうしろに、金曜礼拝の住所のスタンプが押してあったので、神さまが送ってくださった、あの小さな天使のような男の子にありがとうと言いたくて、今日こちらに参りました。ぎりぎりのタイミングで、私のたましいを永遠の地獄から救うために来てくれて、本当にありがとう!」

このとき、モスクの中で涙に濡れない目はなく、タクビール(アッラーフアクバル:神は偉大なり)を叫ぶ声が大きくこだましました。女性陣からも!

イマームである父親は、ミンバル(説教壇)から降りると、小さな天使の座している最前列へ向かい、息子を両腕で抱きしめ、こらえきれずに、むせび泣きました。

これほど喜びに包まれた集団礼拝があるでしょうか。
これほど自分の息子に愛しみと誇りを抱ける父親がいるでしょうか。

(ネットムスリマより)

This particular and fortunate Friday afternoon, as the time came for
the Imam and his son to go to the streets with their booklets, it was
very cold outside, as well as pouring rain.

The boy bundled up in his warmest and driest clothes and said, 'OK,
dad, I'm ready!'

His 'Mu'allim' dad asked, 'Ready for what?'

'Dad, it's time we gather our booklets together and go out.'

Dad responds, 'Son, it's very cold outside and it's pouring rain.'

The boy gives his dad a surprised look, asking, 'But Dad, aren't
people still going to Hell, even though it's raining?'

Dad answers, 'Son, I am not going out in this weather.'

Despondently, the boy asks, 'Dad, can I go? Please?'

His father hesitated for a moment then said, 'Son, you can go. Here
are the booklets. Be careful son.'

'Thanks, Dad!'

And with that, he was off and out into the rain. This eleven year old
boy walked the streets of the town going door to door and handing
everybody he met in the street a pamphlet or a booklet.

After two hours of walking in the rain, he was soaking, bone-chilled
wet and down to his VERY LAST BOOKLET. He stopped on a corner and
looked for someone to hand a booklet to, but the streets were totally
deserted.

Then he turned toward the first home he saw and started up the
side walk to the front door and rang the door bell. He rang the bell,
but nobody answered..

He rang it again and again, but still no one answered. He waited but
still no answer.

Finally, this eleven year old da'wah-expert turned to leave, but
something stopped him.

Again, he turned to the door and rang the bell and knocked loudly on
the door with his fist. He waited, something holding him there on the
front porch!

He rang again and this time the door slowly opened.

Standing in the doorway was a very sad-looking elderly lady. She
softly asked, 'What can I do for you, son?' With radiant eyes and a
smile that lit up her world, this little boy said, 'Ma'am, I'm sorry
if I disturbed you, but I just want to tell you that "ALLAH REALLY
LOVES AND CARES FOR YOU" and I came to give you my very last booklet
which will tell you all about God, the real purpose of creation, and
how to achieve His pleasure.'

With that, he handed her his last booklet and turned to leave..

She called to him as he departed. 'Thank you, son! And God Bless You!'

Well, the following Friday afternoon after Jumat service (during which
period they hold a weekly program, Al-Usrah) the Imam was giving some
lectures. As he concludes the lectures, he asked, 'Does anybody have
questions or want to say anything?'

Slowly, in the back row among the ladies, an elderly voice was heard
over the speaker. As the voice went on, a hint of glorious gaiety and
contentment was plainly evident in it even though it wasn't to be
seen, 'No one in this gathering knows me. I've never been here before.
You see, before last Friday I was not a Muslim, and thought I could
be. My husband passed away some time ago, leaving me totally alone in
this world. Last Friday, being a particularly cold and rainy day, it
was even more so in my heart that I came to the end of the line where
I no longer had any hope or will to live.

So I took a rope and a chair and ascended the stairway into the attic
of my home. I fastened the rope securely to a rafter in the roof then
stood on the chair and fastened the other end of the rope around my
neck. Standing on that chair, so lonely and broken-hearted I was about
to leap off, when suddenly the loud ringing of my doorbell downstairs
startled me. I thought, I'll wait a minute, and whoever it is will go
away……

I waited and waited, but the ringing doorbell seemed to get louder and
more insistent, and then the person ringing also started knocking
loudly............

I thought to myself again, 'Who on earth could this be? Nobody ever
rings my bell or comes to see me.' I loosened the rope from my neck
and started for the front door, all the while the bell rang louder and
louder.

When I opened the door and looked I could hardly believe my eyes, for
there on my front porch was the most radiant and angelic little boy I
had ever seen in my life. His SMILE, oh, I could never describe it to
you! The words that came from his mouth caused my heart that had long
been dead TO LEAP TO LIFE as he exclaimed with a cherub-like voice,
'Ma'am, I just came to tell you that ALLAH REALLY LOVES AND CARES FOR
YOU!'

Then he gave me this booklet, "Path To Paradise" that I now hold in my hand.

As the little angel disappeared back out into the cold and rain, I
closed my door and read slowly every word of this book. Then I went up
to my attic to get my rope and chair. I wouldn't be needing them any
more.

You see? I am now a Happy Vicegerent of the One True God. Since the
address of your congregation was stamped on the back of this booklet,
I have come here to personally say THANK YOU to God's little angel who
came just in the nick of time and by so doing, spared my soul from an
eternity in Hell.'

There was not a dry eye in the mosque. And as shouts of TAKBIR!!!
ALLAH AKBAR!!! rented the air, even among the ladies, despite
themselves.

Imam-Dad descended from the pulpit to the front row where the little
angel was seated....

He took his son in his arms and sobbed uncontrollably.

Probably no jama'at has had a more glorious moment, and probably this
universe has never seen a Papa that was more filled with love and
honour for his son....... Except for One. This very one...

Blessed are your eyes for reading this message.

Don't let this message die, read it again and pass it to others.
Heaven is for HIS people!
Remember, God's wonderful message.

Spread HIS Word, help HIM and you'll see HIS hand in everything you do...

Blessed are your eyes for reading this message.

Don't let this message die, read it again and pass it to others.
Heaven is for HIS people!

Remember, God's wonderful message.

Spread HIS Word, help HIM and you'll see HIS hand in everything you do...

posted by Ummee at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実話ですか〜。スゴイですね。
アッラーフアクバル!!
残念ながら、英語力が足りなく、
ところどころ分かりませんでしたが…。

もし、私に子どもが生まれたら、
孫パワーで、両親に良いダウワをしてくれたらなぁ〜。
と淡い期待をしています。
Posted by マリアム祐子 at 2009年12月10日 23:30
コメントありがとうございます。

はじめて読んだとき、すっごい感動したので、これは皆に紹介しなければ!って思ってました。で、とりあえず記事だけ載せたんですが、やっぱり日本語訳しようと思って途中まで訳してたところ、あるシスターが訳したものがあることを知りました!なので、今そちらの訳を載せさせていただきました。訳したシスターにアッラーからの報奨がありますように!

「この話をできるだけ皆に広めてください!感動を広めてください!」とのメッセージ付きなので、実話だと思いましたが、はっきりとは書いてありませんでしたね。どうなんだろう。

孫パワー!(笑)いいですね!うちも、インシャーアッラー・・・。
Posted by Ummee at 2009年12月11日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック